俺以外の誰か 3DプリンターとKickstarter 忍者ブログ
どうでもよすぎる日誌
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近ダンヒルのメンソールライト吸っているHFです。こんばんわ。

いやはや2012年はまったくと言っていいほどブログを更新しませんでしたね。
今年こそもう少し更新を増やしたい所存です。

昨年の11月頃からKickstarterを使い始めました。
Product Designカテゴリを中心に見ていますが、興味深いものが多々あります。
企画も財布やペンだとか多種多様で、奇抜なモノにはついつい手が伸びてしまいます。

登録から今月までに250ドル以上使ってしまった…

拍手[0回]


それもいいですが、3Dプリンター購入しました。
MakerbotのReplicator2です。
2Xも注文できるようになりましたが、2の方です。2XはABSフィラメントもプリントできるようですが、2はPLAのみです。

ちなみにまだ届いていません(´・ε・`)
Fedexの追跡ではあと2日位で届きまーす。

政権交代直前に円の値下がりを予測して急いで買ったが、あれが一番のタイミングだった。
1ヶ月ずれていたら1万円ぐらい差が出るところだったね。危なかった。
PLAフィラメントも別のルートで15kgほど注文済みだし、計画していた色々を試す時が来たのだ
(まだSTLファイルは作っていない…)


ここのところ1年以上3Dモデリングとレンダリング/アニメーションのトレーニングに時間をかなり割いて技術の底上げを図った。
機械から人間/建築物など色々作った。
作りたいと思ったものはある程度の時間内に作れるようなレベルになれたと思う。
自分で言うのもなんだが、大分技量は上がったと思う。
(3Dは奥が深い、まだまだ学ぶことは多い。日々精進である。)

それもこれ何年も前から欲しかった3Dプリンターを使いこなす目標のためでもある。



-----------
[3Dプリンターと銃器の問題の考察]

樹脂を使った3Dプリンターの役目はプラスチックを印刷して終わるものではないことにお気づきだろうか?

「PLA casting」とかで検索すると3Dプリンターで印刷した物体をアルミなどの鋳造に使えることが分かる。
ロストワックスの型を作るのには3Dプリンターはとても適している。



そして、Slashdotとかでも少しだけ話題に出た3Dプリンターで銃器を作るプロジェクトの存在。

あのプロジェクトでは樹脂で印刷したレシーバーを直に組み込んでテスト射撃を行い、6発目?でレシーバー後部が破損した。
ひと手間加えてより剛性のある素材の型として使ったり、破損個所を肉厚にして修正することで数発撃っても壊れない部品が時間はかかるが製造できるだろう。


連射でなくても構造が簡素な単発式の銃であれば3Dデータも既存の機構を組み合わせることで作成できる。
割と複雑なトリガー周りの機構は既存の物を模倣してしまえばいい。銃身内のライフリングが作れないなら弾頭に溝を彫ればよい・・・
簡単な構造であればあるほど鋳造も比較的簡単だ。大まかな形で鋳造してNCや旋盤で整えたっていいだろう。
物は考え様で、頭をひねれば銃でも手榴弾でもUAVでも個人で作る道はある。


私もその気になれば、ジュラルミンやアルミを素材に使うことを前提とした銃の3Dデータは作れるだろう。
だが、たとえPLAで印刷までしてみたとしても金属化はありえない。
発射可能な銃器の製造が違法行為であること、安全に実射できる強度が保証できないetcといった問題がある。
強度不足は深刻で、もし鋳造部品の重要箇所に空洞や亀裂でもあれば非常に危険である。
異常腔圧で銃が破壊されるだけでなく、破片や噴出したガスで負傷する羽目になる。

自分の指先を吹っ飛ばした挙句逮捕されたい奇特な人はそうはいないだろう。

もちろんPLAのみで印刷しても射撃は金属以上に困難である。
世の中にはGlock社の銃器が総プラスチック製で空港の検査を抜けてくると勘違いしている連中もいるが、そんなバカな事はない。主要な部品は金属製で一部分だけがプラスチックである。
当然、X線スキャンでも丸見えだ。



こんな記事は銃器密造の幇助にすらなりはしない。
あくまで作成可能かどうかという話で、それなりの知識とソフトウエアを扱う技術とかがあれば誰でも銃器だけでなく様々な物品をその場で製造してテストできる3Dプリンターは革命的な機材だ。

業務用3Dプリンターは特許や特殊性からとにかく高価で、一般的な生活とは縁遠い機器であるが、性能で劣るデスクトップ3Dプリンターが個人の創造的なアイディアを形にするツールとして日本人の"一部で"広まるのも近いかもしれない。

クリエイティビティに溢れる所有者は色々作って試すしかないだろう。




とりあえず届いたら、好きなアメリカのアニメMy Little Ponyの小さなフィギュアを印刷しよう。
日本ではまだ売っていないからね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
プロフィール
HN:
HF
職業:
社会人,3Dデザイナー
趣味:
PC,洋画,寝ること,アロマ,煙草
自己紹介:
睡眠人。日本語パッチ作りも過去の話。
質問には丁寧に回答するつもりです(丁寧すぎてウザイよな…)
HP放置状態なのはいつか直しますorz→直す気力が無くなった
最新CM
[06/28 大竹]
[06/27 大竹]
[06/27 大竹]
[03/28 たかゆき]
[02/12 むん]
カウンター
忍者ブログ[PR]