俺以外の誰か 三重旅行の汚点 忍者ブログ
どうでもよすぎる日誌
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


土日で友人2人と伊勢旅行へ行ってきた。
あらかじめ決めておいた予定にあわせていろいろ食べたりした。
夕食には友人の希望もあって石鏡漁港の西村食堂へ向かった。

拍手[3回]


食べログを見ると3.3になっているが、個人的な味覚で言えばふさわしくないものであった。
まず、様子見で日替わりおまかせ(5,700円)を注文。
それで出てきたのが。

□バラの形に盛り付けた赤イカの刺身9切れ

□サザエのつぼ焼き1個

タイ科の魚の半身の煮付け
□マグロ・赤イカ・はまち・トコブシ・ヒラマサが各3切れずつとマグロ山掛け小鉢1つとイセエビの頭の1/4のボイルの大皿
□白飯・味噌汁

若干店の外観から嫌な予感がしてたが、ドア開けて店を見て確信した。
一応食べてみなければ断言はできないと思うので食べることにした。

上の順で出てきた。生臭さはあまりないものの総じて魚の歯ごたえは弱かった。
割と分厚く切っていてそれなので、もし薄く切ったら歯ごたえは・・・・・・
味は薄く魚自体の味が楽しめるとは言いがたい。
一応乗ってたイセエビは身の部分はほぼ無いし、中納言のランチの方が良い。
他の客にもバラ形のイカと煮付けは出てたのでお通し?なのかもしれない。


俺はもうその時点で食い気をなくした。
友人2人は腹が満たされないと言うのでエビフライ3尾(1,500円)と磯丼(1,800円)を頼んだ。
先に磯丼が出てきたが、乗ってる刺身は大皿のトコブシを除いた4種類の薄切りが3切れずつと小さなエビフライが1尾添えられていた。

料理は店員に呼ばれてカウンターから自分で受け取るスタイルの店だが、俺らはカウンター後ろのテーブル席を使っていた。
エビフライ3尾は無愛想な店のオヤジがカウンターへ無造作に放置で、呼びもしなかった。
気づいてから店員に聞いたが、ガン無視。
仕方ないのでとったが冷め切っていたし、俺が心底嫌いな水で薄めたウスターソースがかけてあった。
この時点で評価に値しないし、味も名古屋の一般店にすら及ばないと感じた。
これで合計9,000円の食事かよ?



俺の家が3代で通う馴染みの寿司屋の料理の方が新鮮で食味に優れた魚を出してくれるし、リーズナブルで量も多い。
9,000円あれば3人が腹いっぱい旨い魚を食えたはずなのにな。
迷惑になるのでその店の名前は出すわけには行かないがね。


西村食堂は三重の旅行の楽しみを粉砕してくれたよ。絶対他人には薦められない。
俺が魚介料理でここまで頭にきたのは初めてだ。
あと、刺身を売りにするなら店内の喫煙は禁止しろと。
俺がいくらタバコ好きでもあれは許せん。

怒り心頭だよ!

アレを有難がる連中の味覚が信じられない。店を擁護するのは関係者だろと。
もしくは他人の評価に踊らされ、同調する味の分からない哀れな連中だけだ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
プロフィール
HN:
HF
職業:
社会人,3Dデザイナー
趣味:
PC,洋画,寝ること,アロマ,煙草
自己紹介:
睡眠人。日本語パッチ作りも過去の話。
質問には丁寧に回答するつもりです(丁寧すぎてウザイよな…)
HP放置状態なのはいつか直しますorz→直す気力が無くなった
最新CM
[06/28 大竹]
[06/27 大竹]
[06/27 大竹]
[03/28 たかゆき]
[02/12 むん]
カウンター
忍者ブログ[PR]